トランスメディア提供アイコン01 Men's eggが提案したファッション

ファッション雑誌"Men's egg"の創刊に応じて、Men's eggが提案したファッションを受け入れた男性を指すことが多い 創刊当初は、古着やサーフ系のスタイルがほとんどで、オールドサーフ系といっていたが、徐々に"ギャル男"というようになっていった。 1990年代初頭の日本では、男性のストリートファッション 1。 『きれいめ系』 [MEN'S NON - NO』と『FINEBOYS』、『チェックメイト』を支持した。 2009年、現在のモード系に近いファッション。 2。ストリート系 『Samurai magazine』『BOON』(当時はヒップホップのファッションを押していた)"を提唱した。ブランドスニーカーのトレーナーの野球帽など、2009年、現在のヒップホップファッション周辺のファッション。 と上記の2つのスタイルが主流の時期があった。しかし、それ以外の ヤンキー系 雑誌ティーンズロード、チャンプロード愛読。 1980年代から1990年代初頭までに、当時の不良少年(少女)を指して"ヤンキー"と呼んだ(クラシックヤンキー)。不良っぽい服リージェントに広々としたズボンと、主に紫色をベースにした華麗な模様のシャツが好きだった(1990年代後半のカール・カナイのジャージを着ることは愛好家の間で流行した)。 サーファーファッション系 Fineは、サーフィン雑誌を愛読。マリンスポーツに合うファッションを追求した。 1990年代後半70年代ブームが部分的に復活。上はHangten、BillaBongなどのサーフブランドのロゴが入った衣類、下はベルボトムがブーツカットのジーンズやダボダボのズボンに、長い髪、茶髪、スポーツウォッチ)を好んだ。 のようなファッションを好んだが、若者たちの一部は、"きれいめ系"、"ストリート系"に物足りなさを感じる人も少なくないように存在し、今までにない新たなストリートファッション探し求める傾向にあった。 そこに狙いを付けた女性向けファッション雑誌『egg』が1999年、メンズストリートファッション雑誌『Men's egg』を創刊。独特の渋谷系ファッションを提供し、今までのファッションに不満を持っていたヤンキー系やサーファーファッション系の読者の普及が広がっている。
[PR]

by keglbtnayyllbnelh | 2010-06-22 10:45

<< ロンドン・パリ・ミラノ・ニュー...