トランスメディア提供アイコン01 日本で服装の西洋化が始まった時期

日本の着物の歴史については、日本では服装の西洋化が広まって、その直接の要因は、1858年の日米修好通商条約と呼ばれる説がある。 それによると、この条約に基づいて、各国の港が開かれ、役人や通訳などの直接外国人との交渉をする立場の人間を中心に、服装の西洋化が広まっていくことになる。 1543年種子島にポルトガル船が漂着した時から鎖国までのしばらくは、一部の大名などに発表されるなど、少数ながらも西洋の服飾は流通しており、江戸時代末期、長崎の出島などの特別な特別なことはなかった。 1864年、禁門の変を理由に長州征伐の兵を挙げた幕府が、当時の軍服を西洋式にすることを決定、小伝馬町の商人である守田治兵衛が2000人分の軍服作りに着手、試行錯誤しながら作り上げた。 日本では衣料品の大量生産は記録に残っている場合は、これが初めてだという。また、断髪令の頭の形も、既存の髷、散切り頭になった。 その後しばらくは小規模ながらも各地に洋服のレンタル業者との衣料品販売業者がすることが、1871年の陸軍や官僚の制服を西洋式に変更することにした天皇の勅諭(太政官布告399号"爾今禮服ニハ洋服ヲ採用ス")が発令後の警察の鉄道員教員などが順番に服を西洋化する。 1923年の関東大震災で、身体の動作を妨げる構造である和服を着ていた女性の被害が多かったから、翌年の1924年に"東京婦人子供服組合"が発足、女性の服装にも西洋化が進行される。
[PR]

# by keglbtnayyllbnelh | 2010-07-06 14:20